HOME > プロジェクト開発事業 > デザイン:I

伝えたいメッセージを確実に伝える表現を創造する


制作前、まずはクライアントと綿密なコミュニケーションを取るところから始めます。それにより、
「クライアントさえ気づかなかったポイントが見えてくる」こともあります。
そして、クライアントの考える意図や希望を的確に把握した上で、デザインにとりかかります。

デザインを進めていく中で大切にしていることは、「伝えたいメッセージを確実に伝える表現」を前提として、
さらに「あっと驚く仕掛けや切り口」をもって、良い意味でクライアントの期待を裏切るものを創造することです。

つまり、「的を射た表現 + 驚きを誘う視点」。
これらをデザインに込めることで、生活者にしっかりと伝わり、
かつ、印象に残る「価値あるもの」が生まれると思っています。

コミュニケーションデザイン局 制作グループ ディレクター/デザイナー I